本文へスキップ

生駒市地域ネコ活動連絡協議会は飼い主のいない猫が増えないよう活動しています。

地域ねこ活動広がりと課題

はじめに・・・優先されるのは猫を増やさないこと

 ◆餌をもらえない猫は空腹に耐えかねてゴミを荒らしたり民家に入り込み食べ物を漁るようになります。
   (ゴミは猫にとっても適切な食べ物ではないので下痢などにより便が悪臭を放つようになります)
  近隣地域へ移動します(地域間のトラブルのもとになります)
  少ない食べ物を巡って猫同士の争いが生じます。(ケンカによる鳴き声)

 ◆捕まえて保健所に持ち込む
  捕獲器で持ち込まれた猫を保健所では引き取りません。
  その地域から猫を取り除いても空いたエリアに別の猫が入って来ます。(殺処分では解決しない)

猫はテリトリーを持って生活するため、既存の群れ(コロニー)に住む猫に不妊(避妊)去勢手術をすれば、他の猫の流入を防ぐため、最も効果的に数の安定化が図れます。しかしながら、きちんとフードをもらえない猫は近隣地域へ移動して行き、そこにいる猫たちと争いを起こしたり、ゴミを漁ったりして迷惑をかけることになります。
不妊去勢手術をすることによりスプレー行為など人間にとって困る行動も減り、猫による苦情が減る為トラブルがなくなります。
このような理由から、TNRは最も人道的で理にかなった方法であると言え、世界各国の行政や団体が取り入れています。

TNRでは不妊去勢手術を施すため、次のような利点があります。
 ・子猫が生まれなくなり地域内の猫の数が安定する
 ・発情期特有の鳴き声がなくなります。
 ・猫同士のケンカが減ります。
 ・スプレー行為が軽減し、臭いの被害を減らすことができる。
 ・交尾やケンカによる猫エイズなどの蔓延を減らすことができます。
加えて【かけがえのない命】について、ごく自然な形で地域の子どもたちは学んでくれるでしょう

地域ねこ活動の先進地域の取り組み例

今後の課題

猫の繁殖力の高さに追いつかないTNRのスピード
 地域ねこ活動の定義に沿って・・・云々 などと言っていては猫は増えるばかりです。
そろそろ、きれいごとから脱して本気で取り組まなければこの問題・活動はエンドレスになります。
つまり、費やした費用(投入した税金を含めて)とボランティアの努力は水の泡になります。
あっという間に元の木阿弥に。
こんな事は猫の繁殖力の高さを考えれば誰にでもわかることです。早急に望まれるのは国家的規模で予算を組み大規模にTNRを実施することです。各自治体にプロジェクトチームをつくり自治体ごとに官民協働体制を構築、本気で取り組まなければならない時が来ています。

生駒市地域ネコ活動連絡協議会は、姉妹団体である【なら地域ねこの会】と連携して奈良県における殺処分ゼロへ向けて活動しています。また、他の団体・グループ・個人活動者とのネットワークづくりと協力体制を築いて、奈良にどうぶつ愛護の心を広めて行くことを目指して行きます。