本文へスキップ

生駒市地域ネコ活動連絡協議会は飼い主のいない猫が増えないよう活動しています。

生駒市地域ねこサポーター制度について

生駒市には地域ねこサポーター制度があります。

地域ねこへの取り組みを始める地域から生駒市へ連絡⇒サポーターへの協力要請⇒サポーターが地域の方と話し合いを行い、地域ねこの繁殖制限(TNRS)のお手伝いをします。
現在、生駒市には22名の 認定サポーターがいます。
地域ねこサポーター制度 飼い主がなく地域に定着している猫により生活環境が損なわれている場合、対象となる猫  の特定から繁殖制限手術の実施、猫たちの排出物の清掃を含めた、その後の適正な 管理、地域外からのエサやり行  為や新たな猫の持ち込みの排除等の問題の解決に向けた 活動を補助、アドバイスしていただくボランティアを地域  の猫の問題を「地域猫活動」 による手法で終息させたい地域に対してサポーターを派遣し、地域の合意と協力のも  と でこの問題を克服、迷惑猫のいない地域づくりを図っている。(生駒市ホームページより)
   
 

私たちは、のら猫の存在を誰かのせいにするのではなく、地域ぐるみで取り組める地域社会を目指して、地域の方々との話し合いを進めていきたいと考えています。

小さな命にもやさしい地域の5年後をイメージして取り組みを開始しましょう!

子どもたちは私たち大人の背中をしっかり見ています。将来ある子どもたちに説明できる手法で、のら猫を減らして行きましょう!


地域ねこ活動は《合法的・人道的》にのら猫を減らしていく取組みです。


地域内に耳先カット(不妊手術済)をしていない猫がいたら、増えないうちに市役所環境保全課(0743-74-1111)へ相談しましょう。


えさやり禁止では根本的解決に至らないことを検証しましょう。